タグ:Cheerleading

記事一覧
ホームPage 1 / 11

チアリーディング業界の世界情勢

チアコーチ's Eye

早いものでチアリーディング世界大会観戦からもう1ヶ月が経とうとしています。

フロリダの暑い熱気の記憶が薄れつつありますが、ここ数日の真夏のような暑い日々を過ごし、フロリダの灼熱の日差しがまた思い出されました。

久しぶりに観戦した世界大会を通じて、感じたことを改めて綴ってみたいと思います。

 

チアリーディング世界大会についてはこちらの記事でも解説しています。

3つのチアリーディング世界大会

ICU世界大会観戦から感じたこと

今回、私は9年ぶりにチアリーディング世界大会を観戦してきました。

9年前と言えば、ICU世界大会開催2年目の年。

当時のこの大会では、まだまだチアリーディングは世界的なスポーツとしては発展途上、という印象でした。

アメリカチームの実力が突出していて、カナダやチャイニーズタイペイが次の上位有力候補、その他の国のチームはまだまだ演技内容もスキルも全く及ばない、という状況でした。

 

今回、久しぶりに大会観戦をしてまず感じたのが、ヨーロッパや南米の国々の実力がグンと上がり、当時の上位チームが目立たなくなっている、ということでした。

それぞれの国がお国柄を活かしてチアリーディングというスポーツを発展させていっている、と感じました。

 

ヨーロッパ、特に北欧のチームはスタンツやタンブリングスキルを着実に磨き、アメリカとはちょっと違ったノーブルな雰囲気のチアリーディング。

南米はまさにラテンのノリで観客を巻き込む情熱的なチアリーディング。

多少荒削りではあるものの、スキルもかなり高くなっていました。

 

様々な国のチームがスキルアップしていることで大会としての盛り上がりも当時とは比べ物にならないほど大盛況!

会場全体で世界各国のコールの掛け合いをし、選手だけなく観客席も一緒に楽しめるチアリーディングの良さが存分に出た大会へと発展していました。

 

このように各国がそれぞれのカラーでチアリーディングを発展させていっている一方、アメリカをはじめとする以前のトップチームはあまり進化を感じませんでした。

もちろん当時より難度の高い技は組み込まれていると思いますが、自分たちの演技を変化させて発展している印象はありませんでした。

 

私の印象と大会での順位はだいたい合っていましたので、やはり、表現スポーツではそういった進化した演技というものは評価されているのではないかな、と思います。

 

現状を「維持」していくためには、「同じこと」を繰り返していくだけでは退化してしまいます。

時は流れていくもの、その流れの中で少しずつ変化する景色を敏感に捉えながら、変化に対応していく努力、が必要なのだと思います。

日本のレベル

さて、一方、日本の状況はどうでしょうか。

9年前から確実に「変化」しているのは、ジュニア世代のスキルレベルです。

当時から考えるとかなりレベルアップして、世界レベルにまで引き上がってきています。

今回、ICU世界大会でも、ジュニア大会では2位という素晴らしい成績!

結果としても証明されています。

 

当時はまだ世界ルールを採用した競技会も国内になかった状況なので、日本とは異なるルールの大会にチャレンジしても、世界レベルには到底及ばない、という状況でした。

しかし現在は、世界ルールを採用した競技会の数も増え、そのルールの中で幼い頃から取り組んできたこども達が世界に挑戦できる選手として成長してきているんだな、と感じました。

 

まだまだ若い選手で構成されているチームJapan。

数年後、この選手がさらに成熟した時、世界の中にどう食い込んでいけるのか、とても楽しみに思います。

 

世界と繋がる

大学時代から始めたチアリーディング。

会場全体が「応援し合う」ことでエネルギーに満ち溢れ、大きなパワーが渦巻く中心のステージで演技する魅力に取り憑かれ、ただただそれが楽しくて夢中になりました。

 

社会人になってからも、その感覚が忘れられずに社会人チームで活動を続け、自然な流れで後進の育成に携わる機会と巡り会い、今に至ります。

当時は、こんな人生を歩むことも想像していませんでしたし、この競技を通じて世界に繋がっていけるとは思ってもいませんでした。

 

好きなことで世界にチャレンジする機会があるなんて、夢が広がります。

自分の現役時代には考えられないチャンスがある今の世代のチアリーダーを羨ましくも思います。

 

コーチとして、こども達が描く夢への可能性を広げることができるよう、一つ一つ目の前のことを丁寧に積み重ねていこう。

今回の世界大会観戦を通じて、改めてそんな風に思いました。

Cheerleadingとはどんな競技?5つのスキル要素

チアリーディングTips

チアリーディング、リーディング、等と言った呼び方をしますが、チアの中でもチアダンスとは違い、体操的な要素がたくさん組み込まれたジャンルの競技です。

ここでは、チアリーディングの演技を構成する、5つの要素について、ご説明します。

アームモーション

チアリーディングの特徴の一つでもある、力強く肘をロックし(伸ばし)、腕をシャープに動かす動きです。

応援シーンの中でも、アームモーションの動きとコールを合わせ、観客の応援を盛り上げるシーンで活用されます。

チームで形や腕の角度を揃え、タイミングをしっかり合わせてシャープに動かすアームモーションは、チアリーダーのパワフルさを伝える大事な要素です。

ジャンプ

ジャンプはチアリーダーの元気良さをアピールするスキル要素です。

チアリーディングのジャンプでは、腕を力強く振り上げ、その勢いを使って上半身をしっかり引き上げて跳ぶのが特徴です。

一番メジャーなジャンプは両脚を開脚して跳ぶ「トータッチ」。

柔軟性を活かして足が頭の上まで高く上がるトータッチジャンプはチアリーダーみんなの憧れです。

タンブリング

体操の床運動にあたるテクニックで、初級レベルの前転・後転・側転などから、レベルアップするとバック転や宙返り技にもチャレンジしていきます。

チアリーディングでのタンブリングの見所はシンクロタンブリングです!

チームみんなでタイミングを合わせて行うタンブリングはとっても迫力があります。

スタンツ

チアリーディングの一番の醍醐味は何と言ってもスタンツです。

組体操のように、人が積み重なって上がり、高さのある立体的な効果を出すことができます。

力技のように見えますが、実は何より大事なのはタイミングです。

上に上がるトップ、下で支えるベースとスポッター、全員がしっかりリズムを合わせて上げることで、安全にクリーンに上げることができます。

スタンツは仲間との信頼関係が築けていないと、上達しません。

だからこそ、うまくできた時の達成感は体感しないとわからない楽しさがあります!

ダンス

チアリーディングの中のダンスは、演技の中で選手が一番エキサイトして楽しむパートです。

アームモーションの力強い動きに加えて、フットワークやフロアワークを駆使したダイナミックな動きは、見た目にも華やかで観ている人の気持ちをワクワクさせてくれます。

チアリーディングの演技を構成する5つの要素をご紹介しました。

競技ではこの5つの要素が、2分30秒の演技時間の中に様々な形で組み込まれます。

要素が多く、たくさん練習しなくてはならないことがありますが、全てが得意でなくても、それぞれの得意なものをスポットライトに当てることで個性を生かしたオリジナルティのある演技に仕上がります。

そんな、チームの特色を探りながら演技を鑑賞するのも、チアリーディングの楽しみ方の一つです!

ぜひ、チアリーディング鑑賞の参考にしてみてください。

ホームPage 1 / 11