タグ:世界大会

記事一覧
ホームPage 1 / 11

チアリーディング業界の世界情勢

チアコーチ's Eye

早いものでチアリーディング世界大会観戦からもう1ヶ月が経とうとしています。

フロリダの暑い熱気の記憶が薄れつつありますが、ここ数日の真夏のような暑い日々を過ごし、フロリダの灼熱の日差しがまた思い出されました。

久しぶりに観戦した世界大会を通じて、感じたことを改めて綴ってみたいと思います。

 

チアリーディング世界大会についてはこちらの記事でも解説しています。

3つのチアリーディング世界大会

ICU世界大会観戦から感じたこと

今回、私は9年ぶりにチアリーディング世界大会を観戦してきました。

9年前と言えば、ICU世界大会開催2年目の年。

当時のこの大会では、まだまだチアリーディングは世界的なスポーツとしては発展途上、という印象でした。

アメリカチームの実力が突出していて、カナダやチャイニーズタイペイが次の上位有力候補、その他の国のチームはまだまだ演技内容もスキルも全く及ばない、という状況でした。

 

今回、久しぶりに大会観戦をしてまず感じたのが、ヨーロッパや南米の国々の実力がグンと上がり、当時の上位チームが目立たなくなっている、ということでした。

それぞれの国がお国柄を活かしてチアリーディングというスポーツを発展させていっている、と感じました。

 

ヨーロッパ、特に北欧のチームはスタンツやタンブリングスキルを着実に磨き、アメリカとはちょっと違ったノーブルな雰囲気のチアリーディング。

南米はまさにラテンのノリで観客を巻き込む情熱的なチアリーディング。

多少荒削りではあるものの、スキルもかなり高くなっていました。

 

様々な国のチームがスキルアップしていることで大会としての盛り上がりも当時とは比べ物にならないほど大盛況!

会場全体で世界各国のコールの掛け合いをし、選手だけなく観客席も一緒に楽しめるチアリーディングの良さが存分に出た大会へと発展していました。

 

このように各国がそれぞれのカラーでチアリーディングを発展させていっている一方、アメリカをはじめとする以前のトップチームはあまり進化を感じませんでした。

もちろん当時より難度の高い技は組み込まれていると思いますが、自分たちの演技を変化させて発展している印象はありませんでした。

 

私の印象と大会での順位はだいたい合っていましたので、やはり、表現スポーツではそういった進化した演技というものは評価されているのではないかな、と思います。

 

現状を「維持」していくためには、「同じこと」を繰り返していくだけでは退化してしまいます。

時は流れていくもの、その流れの中で少しずつ変化する景色を敏感に捉えながら、変化に対応していく努力、が必要なのだと思います。

日本のレベル

さて、一方、日本の状況はどうでしょうか。

9年前から確実に「変化」しているのは、ジュニア世代のスキルレベルです。

当時から考えるとかなりレベルアップして、世界レベルにまで引き上がってきています。

今回、ICU世界大会でも、ジュニア大会では2位という素晴らしい成績!

結果としても証明されています。

 

当時はまだ世界ルールを採用した競技会も国内になかった状況なので、日本とは異なるルールの大会にチャレンジしても、世界レベルには到底及ばない、という状況でした。

しかし現在は、世界ルールを採用した競技会の数も増え、そのルールの中で幼い頃から取り組んできたこども達が世界に挑戦できる選手として成長してきているんだな、と感じました。

 

まだまだ若い選手で構成されているチームJapan。

数年後、この選手がさらに成熟した時、世界の中にどう食い込んでいけるのか、とても楽しみに思います。

 

世界と繋がる

大学時代から始めたチアリーディング。

会場全体が「応援し合う」ことでエネルギーに満ち溢れ、大きなパワーが渦巻く中心のステージで演技する魅力に取り憑かれ、ただただそれが楽しくて夢中になりました。

 

社会人になってからも、その感覚が忘れられずに社会人チームで活動を続け、自然な流れで後進の育成に携わる機会と巡り会い、今に至ります。

当時は、こんな人生を歩むことも想像していませんでしたし、この競技を通じて世界に繋がっていけるとは思ってもいませんでした。

 

好きなことで世界にチャレンジする機会があるなんて、夢が広がります。

自分の現役時代には考えられないチャンスがある今の世代のチアリーダーを羨ましくも思います。

 

コーチとして、こども達が描く夢への可能性を広げることができるよう、一つ一つ目の前のことを丁寧に積み重ねていこう。

今回の世界大会観戦を通じて、改めてそんな風に思いました。

3つのチアリーディング世界大会

チアリーディングTips

日本ではGW真っ只中の4月末〜5月頭にかけて、毎年、アメリカオーランドのDisney World敷地内にあるESPN Wide World of Sportsにて、世界大会が行われています。

 

実は、この大会、3つの異なる世界大会が行われているのです。

それぞれ、運営団体も異なり、ルールも微妙に違っています。

通して見てみると、同じチアリーディングでも演技のスタイルが異なり、それぞれの大会ごとに特徴があります。

 

ここでは、3つの世界大会について、解説していきたいと思います。

 

ICU World Cheerleading Championships

ICU(International Cheer Union)が主催している世界大会。

それぞれの部門に各国から1チームが代表として参加する国別対抗戦形式の世界大会で、2009年から開催されています。

 

チアリーディング部門の演技は、ELITEとPREMIREの2種類のレベルに別れており、ELITEは3段ピラミッドおよびスタンツでの宙返り技が禁止のレベル、PREMIREはこれらの技が実施可能なレベルです。

後ほど、説明するクラブチームのレベル分けで言うと、ELITE=レベル5、PREMIRE=レベル6とほぼ同等となります。

 

演技構成は、はじめに「CHEERパート」とよばれるコールパートがあるのが特徴的です。

様々な手具を使い、観客との掛け合いを大事にするコールパートは、各国のオリジナルティが出て、チアらしい特徴的なパートです。

国ごとに、定番化したコールがあり、観客も大盛り上がりです!

 

コールパートの後は2分半の音楽パート。

こちらはチアのスキル要素がたくさん組み込まれた迫力のある演技です。

特に、一度にたくさんの基が上がるシンクロ性の高いスタンツシーンとピラミッドシーンは圧巻です!

 

IASF Cheer Worlds

IASF(International All Star Federation)が主催している世界大会。

クラブチームの世界大会です。

世界各国から推薦されたクラブチームが競い合う世界大会で、サッカーのW杯の様な大会です。

クラブチームで戦い合うため、同じ国から複数チームが出場することもあります。

2003年から開催され、3つの世界大会の中で一番歴史が長いです。

 

この大会は「世界大会」と「全米選手権」の2つの大会が同時開催されています。

元々は、USASF(U.S. All Star Federation)が主催する全米のクラブチームNo 1を決めるための大会、という目的で開催されたのですが、そこに世界各国からも参加表明があり、今の形となりました。

 

クラブチームのチアリーディング部門ルールはかなり細かく別れており、スタンツ・タンブリングの難度によってレベル1〜6まで設定されています。

この世界大会では、この中のレベル5と6のみが対象となっています。

尚、全米選手権ではレベル5のみが対象です。

 

ICU世界大会では、最高峰レベルの「PREMIRE(=レベル6)」が一番盛り上がるのですが、全米のクラブチームでは、レベル5が大盛況です!

レベル6は選手が積み重なって3段ピラミッドになる力技が見どころですが、レベル5は3段ピラミッドができない分、「積み重ね」ではなく「スピード感」が特徴的で、縦にも横にもくるくる回転しながら次々に展開する技の変化が見どころです。

 

演技構成は「All Music」、つまり音楽パートのみとなります。

今年から一部のインターナショナル部門でコールパートを含む演技構成の部門ができましたが、大部分がコールパート無しの演技構成です。

クラブチームの演技は「応援スタイル」という特色はあまりなく、チアリーディングのスキル要素を高い難度と高い完成度で実施することを競い合う競技スタイルです。

体操競技に近い感じですが、「チームスポーツ」としてシンクロで技を実施することが求められています。

The Summit

上記2つの世界大会の翌週に行われるのがこちらの大会です。

全米No1規模のチアブランドVarsityが主催している大会です。

ICU、IASFはいずれも、世界大会を普及していくためのルール作りや大会主催をメインに活動している団体ですが、Varsityはチアのブランド会社です。

 

The Summitは元々、USASFが主催するWorlds(全米選手権)に設定されない部門の全米No1を決定するための大会として、2013年にVarisityによって開催されました。

そして、こちらもWorlds同様に世界各国からの参加希望に答える形で、2018年からインターナショナル部門を大会内に設置しました。

 

こちらの大会では、Worldsでは実施されないレベル4以下の部門や年齢編成(Worldsは14歳以上から参加可)が設定されています。

演技のスタイルはIASF Worldsと同様、採点方法も同じです。

実施可能な技の難度が限定されているとはいえ、スピード感のある展開の早い演技はかなり見応えがあります!

そして、ジュニア世代のポテンシャルの高さに、今後のチアリーディング競技のさらなる進化を期待せずにはいられません!

 

この大会で何と言っても特徴的なのは、本場アメリカのチアママパワーです!!

まだまだ幼いキッズチアリーダーが多いので、チアママの熱気あふれる観客席はかなりアツいです!

そして、自分のこどものチームが終わると、さっさといなくなってしまいます(^^;

チアリーディングの世界大会と言っても、主催団体も様々で、演技スタイルや採点方法もそれぞれに特色があります。

大会ごとにカラーがあり、その違いを感じながら、チアリーディングという競技の奥深さを探求してみるのも楽しい鑑賞方法だと思います!

 

 

ホームPage 1 / 11