カテゴリー:チアリーディングTips

記事一覧
ホームPage 1 / 11

チアリーディングを安全に行うための重要ポイント

チアリーディングTips

「チアリーディングって危険なスポーツでしょ?」

 

残念ながら、そんなイメージを持たれてしまうことがあります。

もちろん、スポーツですので、「日常にない動き」を鍛えるものだから、怪我のリスクがゼロということはありません。

 

でも、正しい知識と正しい環境づくりをしていけば、決して危険なスポーツではなく、チーム一体となって技を組み立ててていく、という特殊な過程を経験することで、他のスポーツにはないチームワークや仲間を思う気持ちが育つ素敵な競技だと思います。

 

今回はチアリーディングを安全に行うために重要なポイントを二つ紹介させていただきます。

プログレッションという考え方

日本の教育やスポーツにおいて「基礎が大事」という考え方は広く認知されていると思います。

土台となる「基礎」がないとその上に建つものは脆く崩れ落ちてしまう、という考え方は正しいです。

スポーツにおける「基礎」とは体力づくりや筋トレ、柔軟性などがあり、どんなスポーツでも、これらのトレーニングは必ず行うように練習は組まれていると思います。

 

でも、そこから実際に技にチャレンジする道筋がうまく組み立てられず、無理な練習をしてしまうことが多くある気がします。

「チャレンジしたい技」をいきなり練習し始めてうまくできないケースです。

こういった時に役に立つ考え方が、「PROGRESSION(プログレッション)」という考え方です。

 

「PROGRESSION」とは「段階を踏んで行う」ということです。

簡単な技から少しずつ難度を上げて練習をする進め方です。

チアリーディングの一番重要な要素であるスタンツ(組体操技)で言うと、

 

  • まずは低い高さでやってみて少しずつ高さを上げていく
  • まずは両足を持った状態でやってみてから片足にチャレンジする
  • 支える人数を最大限増やしてやってみてから少しずつ人数を減らしていく
  • 連続技のパーツを分解して一つ一つを練習してから少しずつつなげていく

 

というようなテクニックです。

 

言われてみれば当たり前のような気がしますが、意外とこのステップを踏まえて練習を進めていく、ということができていないことがあります。

そして、怪我が発生する時、こういう手順を踏まえていなかったことが原因であることがほとんどだったりします。

 

また、スタンツは特に「高さ」が出るテクニックなので、その「高さへの恐怖心をなくす」ということが安全に練習を進める上で最重要なポイントです。

「怖い」という気持ちでチャレンジすると、体に余計な力が入り、想定できない動きをすることが多いためです。

そして恐怖心をなくすためにも、このように細かいステップを踏まえていくことはとっても大事なことです。

スポッティングスキル

もう一つ安全性を高めるために重要なことは、スポッティングスキルです。

スポッティングスキルには二種類あります。

 

一つは、ベース(支える人)の力が足りない場合に補助をするスキルです。

特に新しい技にチャレンジする時は、この補助のスキルが必須になります。

指導者に一番求められるスキルとも言えます。

 

そして、もう一つは、失敗した際に落ちてくるトップ(上に乗る人)を安全にキャッチするスキルです。

落ちてくるトップに対して、手を出し体を寄せ、上半身を床に落とさないようにキャッチします。

 

本来、落ちてくるものに対して体を避ける、というのが人間の本能的な動きになりますので、この本能を「落ちてくるものに対して体を寄せる」という動きに書き換えるのは簡単なことではありません。

ですが、選手はこのスキルを備えないと、スキルアップはできませんし、怪我に繋がる可能性が高くなります。

目標ができ、演技を作っていく過程になると、チャレンジしたい技にばかりフォーカスが行ってしまいがちです。

しかし、新しい技にチャレンジする時こそ、基本の確認をしっかり行う習慣をつける、ということがとても大事です。

 

今回紹介したテクニックを適切に使うこと、そして、安全な練習環境が確保できているか、を常に意識して練習に取り組む、改めてその重要性について確認していきたいと思います。

3つのチアリーディング世界大会

チアリーディングTips

日本ではGW真っ只中の4月末〜5月頭にかけて、毎年、アメリカオーランドのDisney World敷地内にあるESPN Wide World of Sportsにて、世界大会が行われています。

 

実は、この大会、3つの異なる世界大会が行われているのです。

それぞれ、運営団体も異なり、ルールも微妙に違っています。

通して見てみると、同じチアリーディングでも演技のスタイルが異なり、それぞれの大会ごとに特徴があります。

 

ここでは、3つの世界大会について、解説していきたいと思います。

 

ICU World Cheerleading Championships

ICU(International Cheer Union)が主催している世界大会。

それぞれの部門に各国から1チームが代表として参加する国別対抗戦形式の世界大会で、2009年から開催されています。

 

チアリーディング部門の演技は、ELITEとPREMIREの2種類のレベルに別れており、ELITEは3段ピラミッドおよびスタンツでの宙返り技が禁止のレベル、PREMIREはこれらの技が実施可能なレベルです。

後ほど、説明するクラブチームのレベル分けで言うと、ELITE=レベル5、PREMIRE=レベル6とほぼ同等となります。

 

演技構成は、はじめに「CHEERパート」とよばれるコールパートがあるのが特徴的です。

様々な手具を使い、観客との掛け合いを大事にするコールパートは、各国のオリジナルティが出て、チアらしい特徴的なパートです。

国ごとに、定番化したコールがあり、観客も大盛り上がりです!

 

コールパートの後は2分半の音楽パート。

こちらはチアのスキル要素がたくさん組み込まれた迫力のある演技です。

特に、一度にたくさんの基が上がるシンクロ性の高いスタンツシーンとピラミッドシーンは圧巻です!

 

IASF Cheer Worlds

IASF(International All Star Federation)が主催している世界大会。

クラブチームの世界大会です。

世界各国から推薦されたクラブチームが競い合う世界大会で、サッカーのW杯の様な大会です。

クラブチームで戦い合うため、同じ国から複数チームが出場することもあります。

2003年から開催され、3つの世界大会の中で一番歴史が長いです。

 

この大会は「世界大会」と「全米選手権」の2つの大会が同時開催されています。

元々は、USASF(U.S. All Star Federation)が主催する全米のクラブチームNo 1を決めるための大会、という目的で開催されたのですが、そこに世界各国からも参加表明があり、今の形となりました。

 

クラブチームのチアリーディング部門ルールはかなり細かく別れており、スタンツ・タンブリングの難度によってレベル1〜6まで設定されています。

この世界大会では、この中のレベル5と6のみが対象となっています。

尚、全米選手権ではレベル5のみが対象です。

 

ICU世界大会では、最高峰レベルの「PREMIRE(=レベル6)」が一番盛り上がるのですが、全米のクラブチームでは、レベル5が大盛況です!

レベル6は選手が積み重なって3段ピラミッドになる力技が見どころですが、レベル5は3段ピラミッドができない分、「積み重ね」ではなく「スピード感」が特徴的で、縦にも横にもくるくる回転しながら次々に展開する技の変化が見どころです。

 

演技構成は「All Music」、つまり音楽パートのみとなります。

今年から一部のインターナショナル部門でコールパートを含む演技構成の部門ができましたが、大部分がコールパート無しの演技構成です。

クラブチームの演技は「応援スタイル」という特色はあまりなく、チアリーディングのスキル要素を高い難度と高い完成度で実施することを競い合う競技スタイルです。

体操競技に近い感じですが、「チームスポーツ」としてシンクロで技を実施することが求められています。

The Summit

上記2つの世界大会の翌週に行われるのがこちらの大会です。

全米No1規模のチアブランドVarsityが主催している大会です。

ICU、IASFはいずれも、世界大会を普及していくためのルール作りや大会主催をメインに活動している団体ですが、Varsityはチアのブランド会社です。

 

The Summitは元々、USASFが主催するWorlds(全米選手権)に設定されない部門の全米No1を決定するための大会として、2013年にVarisityによって開催されました。

そして、こちらもWorlds同様に世界各国からの参加希望に答える形で、2018年からインターナショナル部門を大会内に設置しました。

 

こちらの大会では、Worldsでは実施されないレベル4以下の部門や年齢編成(Worldsは14歳以上から参加可)が設定されています。

演技のスタイルはIASF Worldsと同様、採点方法も同じです。

実施可能な技の難度が限定されているとはいえ、スピード感のある展開の早い演技はかなり見応えがあります!

そして、ジュニア世代のポテンシャルの高さに、今後のチアリーディング競技のさらなる進化を期待せずにはいられません!

 

この大会で何と言っても特徴的なのは、本場アメリカのチアママパワーです!!

まだまだ幼いキッズチアリーダーが多いので、チアママの熱気あふれる観客席はかなりアツいです!

そして、自分のこどものチームが終わると、さっさといなくなってしまいます(^^;

チアリーディングの世界大会と言っても、主催団体も様々で、演技スタイルや採点方法もそれぞれに特色があります。

大会ごとにカラーがあり、その違いを感じながら、チアリーディングという競技の奥深さを探求してみるのも楽しい鑑賞方法だと思います!

 

 

学校チアとAll Starチアの違いとは?

チアリーディングTips

チアリーディングには様々なスタイルがありますが、特に学校活動におけるチアリーディングとAll Star(日本でいう「クラブチーム」)のチアリーディングはスタイルがかなり違います。

アメリカではそれぞれが明確に別れていて、競技においてもルールや採点方法はかなり異なります。

日本では、POSSIBLESもお世話になっている、United Spirit Associationでこのルールが採用された競技会、学校団体大会とAll Star大会が行われています。

この記事では、それぞれの特色の違いをお伝えしたいと思います。

学校チアリーディングの特徴

まずは学校チアリーディングについて。

学校活動の一環として行われるチアリーディングなので、学校に所属しているチアリーダーは、スポーツシーンにおける応援活動が活動の大部分を占めています。

そのため、学校チアの競技スタイルは、難しい技をガンガン入れることよりも、「応援活動に適した内容であるか」ということがかなり重要なポイントとなっています。

 

演技は、コールパートと言って音楽を使わず声を出しながら演技をするパートと音楽を使用した音楽パートで構成されています。

コールパートでは特に、観客としっかりコミュニケーションが取れていることが重要視され、サインボード・メガホン・ポンポンなどを効果的に利用することが求められています。

 

見ている人が思わず声を出して応援したくなるような演技!!

 

それが、学校チアの醍醐味です。

 

ちなみに、日本では、応援活動と競技を両方行なっているチームはそれほど多くなく、どちらか一方しかやっていない部活動も多いです。

 

All Star Cheerleadingの特徴

一方、All Starチアとは、チアジム(チアに必要なマットやタンブリング練習設備などを備えたジム)でチアリーディングのスキルを学んでいる選手のためのチアリーディングです。

 

チアリーディングの起源は応援活動をリードする目的で生まれたものなので、学校チアの方が長い歴史を持っています。

All Starチアは応援から生まれたチアリーディングという競技の中からGymnastic Skill(体操的なスキル)に着目し、競技性を高めたチアリーディングです。

採点も体操のように、それぞれのスキル要素について難度とテクニックが明確に分かれています。

とはいえ、チアリーディングでは、創造性・統一感・ショーマンシップも重要視されていますので、テクニック重視に思われるAll Starチアでも、これらは大事な要素です。

 

学校チアとAll Starチアの一番大きな違いは演技構成です。

All Star チアは「All Music」と言われる演技構成で、コールパートがなく全て音楽を流して演技が行われます。

応援スタイルの観客との掛け合い、という要素はほとんどなく、難度のあるスキルと正確なテクニック、そしてエンターテインメント性が求められている競技です。

 

スピード感溢れる高いスキルが組み込まれた迫力のある演技!!

 

それが、All Starチアの醍醐味です。

以上、非常に簡単ですが、それぞれの特徴をお伝えしてみました。

どちらのチアも、アームモーション・ジャンプ・タンブリング・スタンツ・ダンスの5つのスキル要素で演技が構成されているところは変わりませんが、演技スタイルはかなり異なります。

「応援」が重視される学校チアに対して、All Starチアは「競技性」の高さが追求されています。

大会によってスタイルの違いも意識しながら観戦してみると、よりチアリーディングをお楽しみいただけると思います!

 

ちなみに、今月末アメリカオーランドで行われる世界大会、国別対抗戦であるInternational Cheer Unionが開催する世界大会は学校チアに近い応援スタイルのチア大会、クラブチーム世界選手権であるInternational All Star Federationが開催する世界大会はAll Starチアの大会、となっています。

今年は、POSSIBLESコーチ陣も観戦に行きますので、またその模様はSNSやこちらのサイトでもご紹介していきたいと思います!

 

Cheerleadingとはどんな競技?5つのスキル要素

チアリーディングTips

チアリーディング、リーディング、等と言った呼び方をしますが、チアの中でもチアダンスとは違い、体操的な要素がたくさん組み込まれたジャンルの競技です。

ここでは、チアリーディングの演技を構成する、5つの要素について、ご説明します。

アームモーション

チアリーディングの特徴の一つでもある、力強く肘をロックし(伸ばし)、腕をシャープに動かす動きです。

応援シーンの中でも、アームモーションの動きとコールを合わせ、観客の応援を盛り上げるシーンで活用されます。

チームで形や腕の角度を揃え、タイミングをしっかり合わせてシャープに動かすアームモーションは、チアリーダーのパワフルさを伝える大事な要素です。

ジャンプ

ジャンプはチアリーダーの元気良さをアピールするスキル要素です。

チアリーディングのジャンプでは、腕を力強く振り上げ、その勢いを使って上半身をしっかり引き上げて跳ぶのが特徴です。

一番メジャーなジャンプは両脚を開脚して跳ぶ「トータッチ」。

柔軟性を活かして足が頭の上まで高く上がるトータッチジャンプはチアリーダーみんなの憧れです。

タンブリング

体操の床運動にあたるテクニックで、初級レベルの前転・後転・側転などから、レベルアップするとバック転や宙返り技にもチャレンジしていきます。

チアリーディングでのタンブリングの見所はシンクロタンブリングです!

チームみんなでタイミングを合わせて行うタンブリングはとっても迫力があります。

スタンツ

チアリーディングの一番の醍醐味は何と言ってもスタンツです。

組体操のように、人が積み重なって上がり、高さのある立体的な効果を出すことができます。

力技のように見えますが、実は何より大事なのはタイミングです。

上に上がるトップ、下で支えるベースとスポッター、全員がしっかりリズムを合わせて上げることで、安全にクリーンに上げることができます。

スタンツは仲間との信頼関係が築けていないと、上達しません。

だからこそ、うまくできた時の達成感は体感しないとわからない楽しさがあります!

ダンス

チアリーディングの中のダンスは、演技の中で選手が一番エキサイトして楽しむパートです。

アームモーションの力強い動きに加えて、フットワークやフロアワークを駆使したダイナミックな動きは、見た目にも華やかで観ている人の気持ちをワクワクさせてくれます。

チアリーディングの演技を構成する5つの要素をご紹介しました。

競技ではこの5つの要素が、2分30秒の演技時間の中に様々な形で組み込まれます。

要素が多く、たくさん練習しなくてはならないことがありますが、全てが得意でなくても、それぞれの得意なものをスポットライトに当てることで個性を生かしたオリジナルティのある演技に仕上がります。

そんな、チームの特色を探りながら演技を鑑賞するのも、チアリーディングの楽しみ方の一つです!

ぜひ、チアリーディング鑑賞の参考にしてみてください。

ホームPage 1 / 11