学校チアとAll Starチアの違いとは?

チアリーディングTips
学校チアとAll Starチアの違いとは?
Pocket

チアリーディングには様々なスタイルがありますが、特に学校活動におけるチアリーディングとAll Star(日本でいう「クラブチーム」)のチアリーディングはスタイルがかなり違います。

アメリカではそれぞれが明確に別れていて、競技においてもルールや採点方法はかなり異なります。

日本では、POSSIBLESもお世話になっている、United Spirit Associationでこのルールが採用された競技会、学校団体大会とAll Star大会が行われています。

この記事では、それぞれの特色の違いをお伝えしたいと思います。

学校チアリーディングの特徴

まずは学校チアリーディングについて。

学校活動の一環として行われるチアリーディングなので、学校に所属しているチアリーダーは、スポーツシーンにおける応援活動が活動の大部分を占めています。

そのため、学校チアの競技スタイルは、難しい技をガンガン入れることよりも、「応援活動に適した内容であるか」ということがかなり重要なポイントとなっています。

 

演技は、コールパートと言って音楽を使わず声を出しながら演技をするパートと音楽を使用した音楽パートで構成されています。

コールパートでは特に、観客としっかりコミュニケーションが取れていることが重要視され、サインボード・メガホン・ポンポンなどを効果的に利用することが求められています。

 

見ている人が思わず声を出して応援したくなるような演技!!

 

それが、学校チアの醍醐味です。

 

ちなみに、日本では、応援活動と競技を両方行なっているチームはそれほど多くなく、どちらか一方しかやっていない部活動も多いです。

 

All Star Cheerleadingの特徴

一方、All Starチアとは、チアジム(チアに必要なマットやタンブリング練習設備などを備えたジム)でチアリーディングのスキルを学んでいる選手のためのチアリーディングです。

 

チアリーディングの起源は応援活動をリードする目的で生まれたものなので、学校チアの方が長い歴史を持っています。

All Starチアは応援から生まれたチアリーディングという競技の中からGymnastic Skill(体操的なスキル)に着目し、競技性を高めたチアリーディングです。

採点も体操のように、それぞれのスキル要素について難度とテクニックが明確に分かれています。

とはいえ、チアリーディングでは、創造性・統一感・ショーマンシップも重要視されていますので、テクニック重視に思われるAll Starチアでも、これらは大事な要素です。

 

学校チアとAll Starチアの一番大きな違いは演技構成です。

All Star チアは「All Music」と言われる演技構成で、コールパートがなく全て音楽を流して演技が行われます。

応援スタイルの観客との掛け合い、という要素はほとんどなく、難度のあるスキルと正確なテクニック、そしてエンターテインメント性が求められている競技です。

 

スピード感溢れる高いスキルが組み込まれた迫力のある演技!!

 

それが、All Starチアの醍醐味です。

以上、非常に簡単ですが、それぞれの特徴をお伝えしてみました。

どちらのチアも、アームモーション・ジャンプ・タンブリング・スタンツ・ダンスの5つのスキル要素で演技が構成されているところは変わりませんが、演技スタイルはかなり異なります。

「応援」が重視される学校チアに対して、All Starチアは「競技性」の高さが追求されています。

大会によってスタイルの違いも意識しながら観戦してみると、よりチアリーディングをお楽しみいただけると思います!

 

ちなみに、今月末アメリカオーランドで行われる世界大会、国別対抗戦であるInternational Cheer Unionが開催する世界大会は学校チアに近い応援スタイルのチア大会、クラブチーム世界選手権であるInternational All Star Federationが開催する世界大会はAll Starチアの大会、となっています。

今年は、POSSIBLESコーチ陣も観戦に行きますので、またその模様はSNSやこちらのサイトでもご紹介していきたいと思います!

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL
入会申込・お問い合わせ

入会や無料体験・レッスン見学等、お問い合わせはコチラから

どんなことでも、お気軽にご連絡ください!